カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔

カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔

    マガジン

    • カレーのお話

    • カレーの無駄話

      カリーソルジャー(カレー将軍・東京カリ~番長)のリーダーと水野仁輔による無駄話ポッドキャストラジオ番組『M響アワー』。無駄話がメインなので、カレーの話は少な目です。

    • カレーの質問

      カレーにまつわるふとした疑問を片っ端から集め、水野仁輔が次々と答えます。ときには真面目に、そしてときには不真面目に。

    • カレーの思い出

      Q. カレーの思い出を教えてください。笑える話、泣ける話、怒れる話、どうでもいい話、なんでも。集まってきた物語の数々を紹介しています。

    • カレーのヒント

      水野仁輔が日常生活のふとした体験の中から、カレー活動のヒントになりそうなものを見つけて、思いのままに綴っています。日記みたいなもの?

    カレーのお話

    すべて見る
    • 6本

    カレーのグッズ:『カレーの器』レポート その1

    カレーのグッズ企画製作プロジェクトグループ第一弾『カレーの器』PJの第一章ということで、陶芸作家秋谷先生の工房、埼玉県三郷市まで行って参りました🚕 🔸11時50分頃……代々木上原出発 🔸12時30分頃…… 三郷到着 🔸12時50分頃…… カレー屋さん到着 三郷に早めに着いたので、3人で食べログ見て決めた南インド系のお店インドダバに🇮🇳  まさか三郷でサクッと入ったお店で、バナナの葉でミールスを食べれるとは😆 🔸13時50分頃…… 秋谷先生の工房到着 以前17期で作った

    スキ
    3

    カレーのお話 005:放課後は笑顔がいっぱい‼︎

    3/15に今年最初のカレーの放課後「はるカリ‼︎(カレーの放課後vol.10)」を開催しましたー。 このイベントは調理室を貸し切ってカレーや副菜、色んな料理を作ったり持ち寄ったりして楽しもう‼︎っていうイベント。 2018年の初開催から今回で10回目になります。 今回も作る人、持込む人、食べる人、みんなで料理の準備から。 みんな普段なかなかやらないことがやれるこのイベント。作るのを見たり手伝ったり。 「これどーなるのー?」「普段どーしてるのー?」「火加減はー?」「こんなの

    スキ
    13

    カレーのお話 004:スパイスで遊ぼう

    2/9にSPICE CRAFT WORKS主催のイベント「スパイスブレンドCooking CURRY Vol.2」を実施しました。 このイベントは水野校長のスパイスパズルメソッドに基づいて作られたパズルを使って、好みのブレンドスパイスを作り、そのスパイスを使ってカレーを作り食べ比べるイベントです。 前回はチキンカレーでしたが、今回はキーマカレー。果たしてキーマカレーでもスパイスパズルは通用するのか??? 楽しみです。 参加者は全10名、4チームで作り比べ、食

    スキ
    15

    カレーのお話 003:アドベントカレンダー

    毎年、年末になると、「カレーの学校アドベントカレンダー」という企画をやっています。 本来のアドベントカレンダーは、12月1日から25日までお菓子やおもちゃが入ったカレンダーを毎日開けて楽しむものですが、この企画は、25日のクリスマスまで、noteに限らず、個人ブログなどの記事をリレーしていくものです。 この「カレーの学校」noteだって、カレーの話が結構、集まってない? わざわざ、記事を集める必要あるの? ま、そうなんですけど・・ 普段、記事を書かない人も「年末だけなら

    スキ
    15

    カレーの無駄話

    カリーソルジャー(カレー将軍・東京カリ~番長)のリーダーと水野仁輔による無駄話ポッドキャストラジオ番組『M響アワー』。無駄話がメインなので、カレーの話は少な目です。

    すべて見る
    • 1本

    M響アワー アーカイブ一覧

    カリーソルジャー(カレー将軍・東京カリ~番長)のリーダーと水野仁輔による無駄話ポッドキャストラジオ番組『M響アワー』10周年を記念して、アーカイブ一覧を整理しました。ここから聴けます。 第1番 “そのにんじんは、ウサギ用です” 編 つらくて気持ちいい花粉症のお話。 第2番 “キミが痛がるといけないから” 編 番長が出演拒否を続けるテレビ番組のお話。 第3番 “ジョニーと呼んでください” 編 へんてこなあだ名で呼ばれたあいつのお話。 第4番 “ああ、それ、出所祝いだわ” 編 

    スキ
    24

    カレーの質問

    カレーにまつわるふとした疑問を片っ端から集め、水野仁輔が次々と答えます。ときには真面目に、そしてときには不真面目に。

    すべて見る
    • 118本

    カレーの質問 119:カレーを食べた時の食レポはやはり「かれぇ~」でいいですよね。

    ダメだと思います。(水野仁輔)

    スキ
    8

    カレーの質問 118:みんなが知らないようなとっておきの隠し味があれば教えてください。

    隠して使えばすべてが隠し味。なんでもいけます。発酵調味料でマニアックなやつを探すといいかもしれませんね。いしるとか?(水野仁輔)

    スキ
    7

    カレーの質問 117:カレーパンに一番合うカレーは何ですか?どんなカレーが良いでしょう。

    どんなタイプのカレーでもいけます! カレーパンはすごいです。(水野仁輔)

    スキ
    6

    カレーの質問 116:カレーを作るとき、ニンニク無しでもおいしくできる方法はありますか?

    にんにくなしで作ってみてください。おいしくできます。にんにくってなんとなく普通に使ってしまいますが、なきゃなくてもおいしいカレーはいくらでも作れますよ。インドでは宗教上の理由でにんにくを食べない人たちもいますし。(水野仁輔)

    スキ
    9

    カレーの思い出

    Q. カレーの思い出を教えてください。笑える話、泣ける話、怒れる話、どうでもいい話、なんでも。集まってきた物語の数々を紹介しています。

    すべて見る
    • 498本

    カレーの思い出 498:異文化を感じた一食

    マレーシアの古都マラッカで、初めてバナナの葉っぱに盛り付けた南インド風のカレーを食べました。旅先で出会ったスウェーデン人と、見まねで右手を使いながら…。20年前の夏、暑い国で初めて手で食べたカレーは、異文化を感じた一食でした。 →マレーシアで食べるインドカレー、僕も好きです。マラッカ、行ってみたい。(水野仁輔)

    スキ
    7

    カレーの思い出 497:翌朝のカレーそうめん

    今までで一番美味しかったカレーは…。やはり前の晩に作って残ったものを翌朝食べるカレー。うどん、そうめんで食べるのが好き。 →カレーそうめん、おいしそうだなぁ。加水してしょう油とか加えて、七味唐辛子をバサーッと。いいですね。(水野仁輔)

    スキ
    7

    カレーの思い出 496:インドに定住

    大学2年の春休みにインドに行きました。インドでは毎日カレーを食べていたのですが、インドのカレーは本当に美味しくて、そのままインドに定住したい位でした。日本に帰ってきて、インドカレー屋を巡ったのですが、本場のようなカレーにはなかなか巡り合えないです。 →インドに定住したいくらいのテンションになることありますよね。実際に住んだら相当大変だとは思いますが。(水野仁輔)

    スキ
    9

    カレーの思い出 495:一番好きなカレーは。

    一番好きなカレーは、家内が作るカレーです。二番目は新宿の中村屋のカレーです。  →中村屋越え! ごちそうさまです!(水野仁輔)

    スキ
    10

    カレーのヒント

    水野仁輔が日常生活のふとした体験の中から、カレー活動のヒントになりそうなものを見つけて、思いのままに綴っています。日記みたいなもの?

    すべて見る
    • 87本

    カレーのヒント 086:モノづくりのお手本

    『ザ・ビートルズ:Get Back』3部作を見た。 言うまでもなく素晴らしかった。あれ、ずっとアーカイブが残るのかな。DVDが出るなら買いたい。何度も見たいと思った。 貴重な映像も音楽も何もかもがいいのだけれど、個人的にはモノづくりに挑む4人のスタンスにしびれた。改めて、自分自身に投影してみる。 カレーでいろんな活動をしている。が、僕が夢中になることはカレーの何かを作っているときが圧倒的に多いような気がする。カレーは好きだし、カレーを通して出会う仲間や人やイベントなども好きだ

    スキ
    16

    カレーのヒント 085:JAZZの定義、CURRYの定義

    最近、映画館に行けていなかったけれど、久しぶりに気になっていた映画を観た。 I don’t recognize the word “jazz”, I play “John Coltrane.” ジャズの定義はわからない、私は私自身の演奏をするだけだ。 ジョン・コルトレーン、すてき。いつか言ってみたいわ~、と思ったので、ここに書いておく。 I don’t recognize the word “curry”, I cook “Jinsuke Mizuno.” カレーの定義

    スキ
    19

    カレーのヒント 084:裏か表か

    10時45分、横須賀線が逗子駅に着いた。 待ち合わせの時間は11時30分。時間に正確なタイプとは言えない僕が45分も前に到着したのは、何年も前から気になっていたカレー店にようやく行くことになっていたからだ。12時にオープンするというその店は、30分前の11時30分には並び始めておかないと、1巡目の席を逃すそうだ。だから、店の前に仲間と3人で待ち合わせすることにした。決して遅れることはできない約束なのである。 スマホの乗換案内アプリを使っていくつかの方法で経路検索をし、はじ

    スキ
    15

    カレーのヒント 083:オニオン・コントロール・コンセプト

    JAZZの世界に「LCC」があるのなら、僕はカレーの世界に「OCC」を生み出したいと思った夜だった。 カレーの学校の授業で、ジャズサックスプレーヤーの藤原大輔さんと対談した。テーマは「JAZZとはなにか?」。僕は今年に入って音楽理論をかじりはじめた。ずっと前からやりたいと思っていたことをようやく始動したのだ。音楽の世界で音楽を理解するために整理された理論を学ぶことで、スパイスやカレーの世界の理論化を果たしたい。ちょっと遠回りだし音楽の素養のない僕がそれをするには何年もの時間

    スキ
    30