カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

カレーの思い出 298:一言多い手紙

職場の上司(女性)にカレーを作ってほしいと頼まれたので、女性受けしそうなチャナマサラを作りました。タマリンドがなく代わりに梅干を入れたのですが、タッパーウェアを…

カレーの思い出 297:チューブかフレッシュか

最近、我が家のカレーは生姜多めで作るようになりました。今まではカレーも他の料理に使う生姜もチューブのもので十分かな・・・と思っていて。でも、フレッシュなものを使う…

カレーのヒント 054:アレ・ブレ・ボケ

大学時代、写真家・森山大道のファンだったのは、「アレ・ブレ・ボケ」というキャッチーなスタイルに惹かれていたからだ。そこからルーツ(?)をたどってウィリアム・クラ…

カレーの思い出 296:雑居ビルのスリランカ

高校2年生の時に梅田で食べたスリランカカレーの味が忘れられません。僕の通っていた静岡の高校では、高校2年生の夏休みになると「休み中にオープンキャンパスに行くこと」…

カレーの質問 082:カレーに入れたら面白いと思う食べ物は何ですか?

いまはハーブですね! 最近、スパイスカレーがとっても流行っているので、天邪鬼な僕は、スパイスカレーに対抗してハーブカレーっていうのをどんどん作って提案していこう…

カレーの思い出 295:食べ放題での流儀

食べ放題では白米を食べるな、というのが父の教えでした。小学生くらいの頃、いろいろなものが食べ放題のお店に家族でよく行っていました。弟が馬鹿みたいにたくさん食べる…