マガジンのカバー画像

カレーの実験

51
カレーの世界は謎だらけ? でも、正解は自分の中にしかありません。カレー調理におけるふとした疑問を掲げ、実際に取り組んで、自分たちだけの答えを導き出す実験のレポートです。
運営しているクリエイター

記事一覧

カレーの実験 049:カレーの粉 畑編 第2回実験レポート

日時:2022年4月8日(金)18:30~ 場所:ルーム 参加者:岡田、河合、黒沢、竹田、田中、横田…

1か月前

カレーの実験 048:カレーの粉 畑編 第1回実験レポート

日時:2022年3月8日(火)18:30~ 場所:ルーム 参加者:岡田、河合、黒澤、安田、横田、林(…

2か月前

カレーの実験 047:第5回 カレーの粉山編 実験レポート

日時:22年2月2日(水)18:30~22:00 & 3日(木)18:30~22:00 場所:ルーム 参加者:岡田…

2か月前

カレーの実験 046:第4回カレーの粉実験レポート

日時:22年1月20日(木) 場所:ルーム 参加者:岡田、河合、黒澤、田中、竹田、横田 (記…

3か月前

カレーの実験 047:カレーの粉山編 第3回実験 レポート

日時:21年12月16日(木) 場所:ルーム 参加者:岡田、河合、黒澤、田中、竹田、安田、横田、…

4か月前

カレーの実験 046:玉ねぎの切り方と具の相性

「メイン具材 × それに合うだろうベストな玉ねぎの切り方」でカレーを作る。 スパイスの種類…

5か月前

カレーの実験 045:カレーの粉山編 第1回実験

日時:21年11月4日(木) 場所:ルーム メンバー:岡田、河合、黒澤、田中、水野、安田、横田、林(記) 1.背景・目的 ・ “カレーの粉”は、メインの具・水・油以外はすべて粉で作ってしまう新しいおいしいカレーの手法 ・ 新しく”カレーの粉山編(No.10)”レシピを検討するため、第1回実験を実施した ・ 第1回実験の目的:山編のベースとなるきのこの粉の味の把握・レシピの方向性決定 2.内容 (1)乾燥きのこの検討 ・各メンバーにより、以下の通り乾燥きのこを準備 ※きのこ

スキ
13

カレーの実験 044:【第2回 メスティン ハンズオフカレーの実験レポート:野外…

2021年 7月 4 日(日) 場所:氷川キャンプ場 メンバー:カレーの学校7期 TARO.F  KAZU…

7か月前

カレーの実験 043:第3回~第5回 カレーの粉 実験レポート

◆カレーの粉 海編 開発レポート◆ 1.概要 ・カレーをおいしくする新たな手法として、<…

8か月前

カレーの実験 042:第2回 カレーの粉 実験レポート

◆日時:6/17(木)18:30~ ◆場所:キッチン ◆メンバー:岡田、河合、黒沢、竹田、田中、水…

10か月前

カレーの実験 041:【第1回 メスティン ハンズオフカレーの実験レポート】

2021年 6月 6 日(日) 場所:AIR SPICE メンバー:カレーの学校7期 TARO.F  KAZUE.T…

11か月前

カレーの実験 040:【第1回 カレーの粉 実験レポート】

◆メンバー:岡田、黒沢、田中、林、水野、安田、横田(web:河合、お休み:竹田) ◆場所:AI…

11か月前

カレーの実験 039:干し玉ねぎの使用によって、カレーの味わいは変化するのか?第3回

第3回乾燥玉ねぎ検証実験をしました! 結論:乾燥玉ねぎカレーはおいしい! 詳細はPDFレポー…

カレーの実験 038:第六回 サモサメドレーのための試作会

六サモサ目 今回のテーマは“デザート”。 サモサメドレーのフィナーレに、甘い余韻が残りうっとりするように美しい姿のサモサを見つけようと、フィリングには先月いただきもので食した、シマパンさんの揚げクリームパン(感動的な美味しさ!)をイメージして、卵たっぷりのカスタードクリームにフレッシュなフルーツを。 もうひとつのフィリングには、扱いやすく美味しい甘いもの、さつまいもを選びました。 皮にはいつもの全粒粉入りの生地に色付けをしたくて、ザクロで作ったペーストを配合。もうひと

スキ
21