カレーのヒント

58

カレーのヒント 058:リカバリーの連続

相変わらずネットの将棋中継ばかり見ている。
暇だから、なのだけど、朝から夜まで、時には深夜に及ぶ中継にかじりついているわけではない。将棋中継画面をタブで開き、音声を流して棋譜の進行や解説を聴きながら、カレーの試作をしたり原稿を書いたりしているのだ。別に趣味の将棋だけに没頭しているわけじゃないからね、と自分への言い訳を心の片隅に持っている。

ともかくそんな調子だからカレーの原稿を書いていても将棋の

もっとみる

カレーのヒント 057:著者の表現力・読者の想像力

10冊目となる紀行本、通称チャローインディアが完成した。
改めて読み直してみると、細かいところがたくさん気になってしまう。完成する直前までは、「すごくいいものができた」と思う。完成した直後からは「なんでこんなものを作ってしまったんだろう」となる。
いつものことだ。
まあ、そこまでひどい反省じゃないにしても、文章の表現の細かい部分についてちょこちょこと違和感がある。もう書き直せるなら書き直したいみた

もっとみる

カレーのヒント 056:スパイスバルーン

ポッドキャストのラジオ番組を始めた。「水野仁輔のスパイスバルーン」という。ゲストは毎回、メタ・バラッツという男で、東京スパイス番長というインド料理探求集団のメンバーである。
番組の中でも話しているが、ラジオを始めることにしたのは、バラッツのインド小噺がとっても面白いからだ。この面白さを自分が独り占めしてしまうのはもったいない。そう思ったのは、7年ほど前のことだった。
バラッツはもうすっかり人気者で

もっとみる

カレーのヒント 055:自分には縁がない

将棋棋士の渡辺明二冠が初の名人位を獲得し、三冠となった。おめでとうございます。

第6局の行われた2日間は、第5局まで同様、目が離せなかった。名人位というのはほかのタイトルとは圧倒的に格が違う印象がある。現在の将棋界で多くの人が“実力トップ”と信じている渡辺二冠だが、名人挑戦は今回が初めてだった。僕は渡辺さんの熱狂的なファンというわけではないが、名人になってほしかった。渡辺さんの将棋は名人にふさわ

もっとみる

カレーのヒント 054:アレ・ブレ・ボケ

大学時代、写真家・森山大道のファンだったのは、「アレ・ブレ・ボケ」というキャッチーなスタイルに惹かれていたからだ。そこからルーツ(?)をたどってウィリアム・クラインの『NEW YORK』を買ったり、雑誌『プロヴォーク』関連の写真家たちの動向を追いかけたりした。

東京都写真美術館へ森山大道を観に行った。これまでもちょくちょく追いかけて見に行ってはいるけれど、相変わらずスタイルは変わらない。モノクロ

もっとみる

カレーのヒント 053:カレーの教室、始めます。

料理教室の講師をお願いされたとき、必ず主催者に確認することがある。

「ホワイトボードは使えますか?」

たいていの場合、戸惑いの反応がかえってくる。会場にあれば問題ないが、ない場合はできるだけ手配してもらう。戸惑いの理由はホワイトボードの手配が困難だからなのではなく、料理教室でなぜホワイトボードが必要なのかがすっと理解しにくいからだ。何度かこう言われたことがある。

「料理教室でホワイトボードを

もっとみる

カレーのヒント 052:カレーリーフを植えに行く

カレーリーフの種が136粒、届いた。沖縄・名護の農家さんからだ。届いたらすぐに鉢にまいてほしいとメッセージがあったから、あらかじめ準備していた100個の鉢に土を入れて種をまき、水をかけた。さて、どうしたもんだろうか。

カレーをおいしくしてくれるこのハーブ(葉)は、昔はなかなかフレッシュな状態で手に入らなかったが、最近は、苗木が売られるようになった。僕は10年ほど前から自宅で栽培を始め、春に株分け

もっとみる

カレーのヒント 051:吉と出るか? 凶と出るか?

カレーのオープンソース化というキーワードを表に出し始めたのは、いつ頃だったかなぁ。5年くらい前じゃないか、と思う。4年ちょっと前にスタートしたAIR SPICEのサービスは開始初回の第0号からスパイスの配合をパッケージにグラム単位で公開しているから、あのときにはすでにオープンソース化の考えに基づいていたことになる。

今朝、日経新聞の取材記事が掲載された。内容はオープンソース化とAIR SPICE

もっとみる

カレーのヒント 050:カレーの教室

たとえば、車とドライブについて考えてみる。

車が好きな人が必ずしもドライブが好きとは限らない。ほしい車があって手に入れたいけれど、ガレージで磨いて眺めてみたり、町へ出て誰かに見られたりすることに喜びを感じる人がそのパターンだ。

ドライブが好きな人が必ずしも車が好きとも限らない。車にはそれほどこだわらない。でもドライブすること自体が好きだから、機会があったら運転したいし、オートマよりもマニュアル

もっとみる

カレーのヒント 049:学ぶ→身につく→実践する

友人から、ダウンタウン・松本人志のツイッターに「メソッド」という言葉が出てきた、と連絡があった。昨年の著書『スパイスカレーを作る』で、カレーメソッドとスパイスメソッドを公開したからだと思う。こんなツイートだ。

なんてことない会話の中でカッコ良く【メソッド】ってサラッと言ってみたいが顔が赤くなりそうで不安。
 
顔が赤くなることもなくメソッドを多用した本を出版した僕は、このツイートを読んでほんの

もっとみる