カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

カレーの思い出 255:焚き火で作る魚介のカレー

私の田舎では成人式が夏にあります。人数も少なくたしか13人程度での式だったと思います。その中に知らない美人さんがいました。脳天に雷が落ちた僕は早速デートに誘うこと…

カレーの思い出 254:エスニックカレーのお店

20代のころ最初に就職した仕事をやめ実家の長野でふらふらしていた時のことです。松本市の友人からカレーの食べ放題の店があるから行こうと誘われました。あまり土地勘がな…

カレーの質問 077:カレーパンの美味しいお店があったら教えて下さい。油っこくなくて、胃もたれしなそうなやつが知りたいで…

三軒茶屋のブーランジュリシマが好きです。僕はカレーパンは、基本的に揚げたものがすきなので、回答になっているかどうかはわかりませんが。油っこくないかどうかは揚げ方…

カレーのヒント 049:学ぶ→身につく→実践する

友人から、ダウンタウン・松本人志のツイッターに「メソッド」という言葉が出てきた、と連絡があった。昨年の著書『スパイスカレーを作る』で、カレーメソッドとスパイスメ…

カレーの思い出 253:料理下手の味方

私のカレーの思い出は、和風だしのカレーを彼が食べてくれた事です。お鍋ではなくフライパンで、だしの粉末も一緒に煮込んで出来るレシピでした。初めて彼にご飯をつくれた…

カレーの思い出 252:あの頃のガッツ

私の思い出のカレーは、社会人一年目に、神奈川県の綱島に住んでいた頃、綱島駅近くの料理屋で食べたカレーライスです。そのお店はカレーライス専門ではなく、いろんなメニ…