カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

カレーの質問 036:全体にスパイスの香りにまとまりのある丸いイメージのカレーもいいのですが、ちょっと香りに角のある、香りが…

スパイスの形状や投入タイミングによって生まれる香りの差は大きいと思います。スパイスの形状をどこまでつぶすか、どのタイミングで入れるのか、加熱時間は長いのか短いの…

カレーのヒント 026:ナイアガラレーベル

カレー&スパイス専門の自費出版レーベル「イートミー出版」を立ち上げたのは、もう10年以上前。あのとき、「カレー界のナイアガラレーベルにしたい」と思った気持ちは今も…

カレーの思い出 104:ルウがおやつ

うちの弟は幼稚園の年長の頃、靴を左右逆に履いているのを「反対だよ」と言うと靴の踵を前にしてつま先を後ろに履こうとするような感じの子だったのですが、ある日勝手に何…

カレーの思い出 103:ぐったりカレー

子供の頃に初めて家族の為に作ったごはんがカレーでした。ごくごく普通のカレーだったのですが2時間近くもかかってしまい、作り終えた頃にはぐったりしてました。 →すご…

カレーの思い出 102:なんでもすぐに行動

昔、SNSのアイコンを自作のカレーの画像にしていたら、当時好きだった女性から「食べてみたい!」と言われ、自宅に招待した。しかし、食べに来る何日か前に「実は私もうす…

カレーの思い出 101:ガソリンスタンド横

インド、コーチンのガソリンスタンド横の食堂で食べた魚のカレー。 特段「美味しい!」という印象ではなかったんですが、現地の労働者の人達で満席の賑々しい活気が忘れさ…