カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔

カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔

    マガジン

    • カレーの金言

      「あなたにとってカレーとはなんですか?」という面倒くさい問いに対して、真摯に親切に回答してくれたシェフたちの言葉を紹介します。

    • カレーの実験

      カレーの世界は謎だらけ? でも、正解は自分の中にしかありません。カレー調理におけるふとした疑問を掲げ、実際に取り組んで、自分たちだけの答えを導き出す実験のレポートです。

    • カレーの授業

      「同じ授業は二度としない」がモットー。通学制『カレーの学校」で行われている、一風変わった授業の内容をレポートしていきます。

    • カレーのお話

    • カレーの無駄話

      カリーソルジャー(カレー将軍・東京カリ~番長)のリーダーと水野仁輔による無駄話ポッドキャストラジオ番組『M響アワー』。無駄話がメインなので、カレーの話は少な目です。

    記事一覧

    カレーの思い出 439:女の子が作るカレー

    家の地下にもうやんカレー。4階にネパール人がやっているカレー屋さん、何故か3階のコスプレ麻雀屋さんが「女の子が作るカレー始めました」と張り紙をつけ…。一時期カレー…

    カレーのヒント 070:発見・発明・発見

    今年もいろんな発見や発明をしたなぁ。 なんといっても「ふたして煮るだけでおいしいカレーができること」を発見したのは大きな出来事だった。そこから煮込みの不思議さを…

    カレーの思い出 438:料理の面白さ

    はじめて家族のために作った料理がカレーでした。いつものルーを使ったのに、お母さんの作るものとは味が違って料理のおもしろさを知りました。 →そう、自分で作ると料理…

    カレーの思い出 437:かけつけカレー

    一時期、つねに家の寸胴鍋にカレーをなみなみ作って「かけつけカレー」ふるまってました(普通の民家です)。 →いい家ですね。「お腹がすいたらあそこへ行けばいい」と。…

    カレーの思い出 436:古いしょう油……

    20年前、学生のころの話。夏の暑~い日に急にカレーが食いたくなり、自分で必死に作った。ちょっと塩気が足りなくて、古い醤油を入れた。翌日、残ったカレーの中に白い、動…

    カレーの質問 105:ポップカレー(ポップコーンのカレー)の再現をしたいので、(覚えていたら)レシピを教えてください。

    ポップカレー? ポップコーンのカレー? なんでしたっけ? 僕がつくったことのあるカレーですか? 覚えていません。なんだろう。カレー風味のポップコーンなら簡単そう…

    カレーの思い出 439:女の子が作るカレー

    家の地下にもうやんカレー。4階にネパール人がやっているカレー屋さん、何故か3階のコスプレ麻雀屋さんが「女の子が作るカレー始めました」と張り紙をつけ…。一時期カレービル化しました。

    →コスプレ麻雀屋さんで女の子が作るカレー。女の子が作っているのかな、ほんとに。とかなんとか疑ってしまう時点で気になっている証拠ですね。思うつぼ。(水野仁輔)

    カレーのヒント 070:発見・発明・発見

    カレーのヒント 070:発見・発明・発見

    今年もいろんな発見や発明をしたなぁ。

    なんといっても「ふたして煮るだけでおいしいカレーができること」を発見したのは大きな出来事だった。そこから煮込みの不思議さを考え続け、試作をしまくって、「ハンズオフカレー」という新しいスタイルを発明した。来年の新刊でハンズオフカレーを徹底的に追求するべく制作を進めている。

    最近になって、ひょんなことからビリヤニ本を監修することになり、改めてビリヤニという調理

    もっとみる

    カレーの思い出 438:料理の面白さ

    はじめて家族のために作った料理がカレーでした。いつものルーを使ったのに、お母さんの作るものとは味が違って料理のおもしろさを知りました。

    →そう、自分で作ると料理の面白さを知りますよね。そして、それが何十年も続いているから、いつまでたってもカレー作りをやめられないのが僕です。(水野仁輔)

    カレーの思い出 437:かけつけカレー

    一時期、つねに家の寸胴鍋にカレーをなみなみ作って「かけつけカレー」ふるまってました(普通の民家です)。

    →いい家ですね。「お腹がすいたらあそこへ行けばいい」と。新しいカレー店の形なのかもしれません。お金は稼げないけど。(水野仁輔)

    カレーの思い出 436:古いしょう油……

    20年前、学生のころの話。夏の暑~い日に急にカレーが食いたくなり、自分で必死に作った。ちょっと塩気が足りなくて、古い醤油を入れた。翌日、残ったカレーの中に白い、動くものが…。ハエの幼虫、そう、うじ虫だった。醤油の中に入っていたのだ。うまかったのになあ…。泣く泣くカレーをすべて捨てた。

    →気を付けましょう……。とにかく、気を付けましょう……。僕が言えることはそれだけです。気を付けましょう……。(水

    もっとみる

    カレーの質問 105:ポップカレー(ポップコーンのカレー)の再現をしたいので、(覚えていたら)レシピを教えてください。

    ポップカレー? ポップコーンのカレー? なんでしたっけ? 僕がつくったことのあるカレーですか? 覚えていません。なんだろう。カレー風味のポップコーンなら簡単そうだけど、ポップコーンのカレーは難しそうです。(水野仁輔)