カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔

カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔

    マガジン

    • カレーの金言

      「あなたにとってカレーとはなんですか?」という面倒くさい問いに対して、真摯に親切に回答してくれたシェフたちの言葉を紹介します。

    • カレーの実験

      カレーの世界は謎だらけ? でも、正解は自分の中にしかありません。カレー調理におけるふとした疑問を掲げ、実際に取り組んで、自分たちだけの答えを導き出す実験のレポートです。

    • カレーの授業

      「同じ授業は二度としない」がモットー。通学制『カレーの学校」で行われている、一風変わった授業の内容をレポートしていきます。

    • カレーのお話

    • カレーの無駄話

      カリーソルジャー(カレー将軍・東京カリ~番長)のリーダーと水野仁輔による無駄話ポッドキャストラジオ番組『M響アワー』。無駄話がメインなので、カレーの話は少な目です。

    記事一覧

    カレーのヒント 021:フォーティ・ナイン・ポイント・ファイヴ

    テニスラケットのガットを張り替えに行った。 ガットのテンションを聞かれ、「50」とお願いしてから、お店のスタッフと雑談になった。流れでミーハーな質問をしてみる。 「…

    カレーの写真 034:2019年の締めくくりは?

    カレーの思い出 073:チャナダルと柿

    近所のハラルフードで、店番のバングラディッシュ人のおじさんにチャナダルカレーとパロタを食べさせてもらいました。彼の昼食なのに、うちの夫婦と3人で分けて食べること…

    カレーの思い出 072:あだ名はじゃがいも

    歳がバレますが、私のカレーといえば名古屋に会社のあるオリエンタルカレーのテレビコマーシャルがインパクトがあり、ハヤシもあるでヨ!!が最後のフレーズでした。私の学…

    カレーの思い出 071:みそ汁のように

    料理習いたてのころ、カレーに入れる玉ねぎを30分以上かけて炒めていました。今となってはそんなに時間をかけていられず。みそ汁を作る時、最後にみそを入れずカレールーを…

    カレーの思い出 070: 薪の匂いとカレー

    小学校でのキャンプで食べたカレーの味、ほんとおいしかったこと、今でも覚えています。山の空気、まきのにおい、ハンゴウからのぼるご飯の香りとカレーの香り…。なつかし…

    カレーのヒント 021:フォーティ・ナイン・ポイント・ファイヴ

    カレーのヒント 021:フォーティ・ナイン・ポイント・ファイヴ

    テニスラケットのガットを張り替えに行った。
    ガットのテンションを聞かれ、「50」とお願いしてから、お店のスタッフと雑談になった。流れでミーハーな質問をしてみる。
    「錦織選手は、だいたいどのくらいの強度なんですか?」
    そう聞いた瞬間に、スタッフの目の奥がキラリとした。「ちょっと時間、いいですか?」みたいな表情(に僕には見えた)をしてから、話し出す。基本的にはその日のコンディションやコートの質、相手が

    もっとみる

    カレーの思い出 073:チャナダルと柿

    近所のハラルフードで、店番のバングラディッシュ人のおじさんにチャナダルカレーとパロタを食べさせてもらいました。彼の昼食なのに、うちの夫婦と3人で分けて食べることになり、申し訳無かったので、後日柿を差し入れに行きました。チャナダルカレーはホールスパイスが焦げていましたが、ニンニクが効いた素朴な味わいで良かったので、その夜自宅で挑戦しました。 

    →チャナダルカレーをいただいて、柿をお返しに。すてきで

    もっとみる

    カレーの思い出 072:あだ名はじゃがいも

    歳がバレますが、私のカレーといえば名古屋に会社のあるオリエンタルカレーのテレビコマーシャルがインパクトがあり、ハヤシもあるでヨ!!が最後のフレーズでした。私の学生時代のあだ名はジャガイモ。そう、私はジャガイモカレーが大好きです。

    →オリエンタルのCMは見たことないです。話にはよく聞きますが。それにしても、あだ名がじゃがいもでジャガイモカレーが好きだったら最高ですね。ジャガイモカレーが嫌いだったら

    もっとみる

    カレーの思い出 071:みそ汁のように

    料理習いたてのころ、カレーに入れる玉ねぎを30分以上かけて炒めていました。今となってはそんなに時間をかけていられず。みそ汁を作る時、最後にみそを入れずカレールーを入れるような感覚でカレーを作っています。

    →玉ねぎ炒めるの、大変ですよね。玉ねぎって加熱すれば甘くなりますから、煮るだけでもちがいます。炒めると煮るの違いは、手間がかかるかかからないか。煮るのは放置すればいいですから。煮カレー。みそ汁は

    もっとみる

    カレーの思い出 070: 薪の匂いとカレー

    小学校でのキャンプで食べたカレーの味、ほんとおいしかったこと、今でも覚えています。山の空気、まきのにおい、ハンゴウからのぼるご飯の香りとカレーの香り…。なつかしい思い出です。

    → アウトドアやキャンプで食べるカレーはなんであんなにおいしいんでしょうね。楽しい時間を過ごしながら食べるから、ということもあると思いますし、アウトドアならではの開放感もあると思います。が、それとは別に、「薪の匂い」のよう

    もっとみる