カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると600人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔

カレーの旅005:市場のチキン

インドへ行ったら現地で料理をする。だから市場へ買い出しに行く。たいてい鶏肉はその場で捌いてもらうことになる。昔は抵抗があったがもう慣れた。鮮度抜群で、味が強く、…

11時間前

カレーの実験 046:第4回カレーの粉実験レポート

日時:22年1月20日(木) 場所:ルーム 参加者:岡田、河合、黒澤、田中、竹田、横田 (記) 1.背景・目的 ・きのこを活かした”カレーの粉 山編”を開発する 第4回…

11時間前

カレーの旅004:青いバナナ

南インドを旅すると本当によくバナナに遭遇する。青いバナナ、黄色いバナナ、赤いバナナ。これだけ収穫しているのだから、そりゃミールスに使うバナナリーフだって売るほど…

カレーの授業:第22期 4限目

スパイスとは何か?毎期授業の内容は変わる事でおなじみの「カレーの学校」ですが、変わらない授業もあります。それが今回の「スパイスとは何か?」。カレーを語る上で欠…

カレーの授業:過去の授業一覧

カレーの学校 校長:水野仁輔、リーダー:伊東盛 による全授業一覧。 ●第22期 1限目:カレーとは、何か?   → カレーという料理の魅力を掘り下げ、既成概念を取り…

カレーの旅003:火の粉

南インドのレストランで調理場を見学していたら、タンドールの口から火の粉が舞い上がっている。営業前に炭火を入れているという。どれだけ炭を入れたらこんなに火の粉が生…