カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると600人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔
+8

カレーの実験 043:第3回~第5回 カレーの粉 実験レポート

◆カレーの粉 海編 開発レポート◆ 1.概要 ・カレーをおいしくする新たな手法として、<カレーの粉>を開発した。 ・カレーの粉とは、玉ねぎ・トマト・スパイス・ハー…

+1

カレーの金言 006: Kalpasi 黒澤功一

カレーとは、「己の鏡」である。 そのココロは? 自分の気持ちというか、 その日の気分がカレーに現れると思うことがすごくよくあるんです。 優しいときもあれば、 今日…

カレーのヒント 082:ハッキリ・スッキリ

来年出版予定のカレー本が3冊、動き始めている。 1冊は、やりたいことがはっきりしているが、出版が確定してはいない。 2冊目は、やりたいことが定まらないが、出版するこ…

+1

カレーの金言 005: SPICE Cafe 伊藤一城

カレーとは、「武器」である。 そのココロは? うーん、 色々考えてみたけどやっぱりこれだなぁ。   カレーがあれば人生を切り拓いていける。   どこへでもいける…

カレーのヒント 081:無言のトッピング

ブレイクスに向かう道中はいつも注文するメニューについて逡巡する。 コンビネーションというあいがけを頼むことは決まっている。サイズはMだ。問題はどのカレーをあいが…

カレーのヒント 080:散歩と電車と木製ベンチ

散歩ばかりしている。 かっこよくいえば、ウォーキングと言えなくもないが、やはり散歩かな。最近聞いた話では、ウォーキングに効果的な速度は、「しゃべることはできても…