カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔

カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔

    マガジン

    • カレーの金言

      「あなたにとってカレーとはなんですか?」という面倒くさい問いに対して、真摯に親切に回答してくれたシェフたちの言葉を紹介します。

    • カレーの実験

      カレーの世界は謎だらけ? でも、正解は自分の中にしかありません。カレー調理におけるふとした疑問を掲げ、実際に取り組んで、自分たちだけの答えを導き出す実験のレポートです。

    • カレーの授業

      「同じ授業は二度としない」がモットー。通学制『カレーの学校」で行われている、一風変わった授業の内容をレポートしていきます。

    • カレーのお話

    • カレーの無駄話

      カリーソルジャー(カレー将軍・東京カリ~番長)のリーダーと水野仁輔による無駄話ポッドキャストラジオ番組『M響アワー』。無駄話がメインなので、カレーの話は少な目です。

    記事一覧

    カレーの質問 110:どうしても作りたいレシピに、手持ちのスパイスがない場合、のアドバイスをお願いします!

    買いに走ります! どうしても作りたいレシピなんだから。(水野仁輔)

    カレーの思い出 470:洗ってくれました

    若い頃、彼氏がカレー好きでよく作っていました。ある日そのカレー鍋を洗わずにシンクに置いていたら、私がスポーツクラブに行っている間に彼が洗っておいてくれました!嬉…

    カレーの思い出 469:ランドセルをプレゼント

    母のカレーの思い出です。母が小学校に上がる前、曽祖母が銀座で靴磨きをしていた事があったそうです。子連れで靴磨きをしていた曽祖母を気にかけて、声をかけてくれた喫茶…

    カレーの思い出 468:蕎麦屋さん

    神保町の日本蕎麦屋さんの黄色のカレーが今までで一番おいしかったです。 →お蕎麦屋さんのカレーは僕も好きです。毎年、年末に欠かさず食べに行くお店があるんですが、昨…

    カレーの思い出 467:カレーにお世話に

    小学校のキャンプで初めて作った料理、家庭科で人によって作り方・切り方・入れる材料が違った料理、「これが美味い」味やスパイスなどにこだわり、大人になってから種類や…

    カレーの思い出 466:クリーミー

    子供の頃、母親が家族のために作った「ハウスバーモントカレー甘口」と、インド北部のナンと一緒に食べるクリーミーなカレーが好きです。 →どちらもマイルドでクリーミー…

    カレーの思い出 470:洗ってくれました

    若い頃、彼氏がカレー好きでよく作っていました。ある日そのカレー鍋を洗わずにシンクに置いていたら、私がスポーツクラブに行っている間に彼が洗っておいてくれました!嬉しかったですが、結局別れました(笑)

    →ごちそうさま、という意味も込められていたのかもしれませんね。僕は洗い物が好きなので、自分が作ったときも別の人が作ったときも僕が洗います。食洗器があっても手で洗います。趣味なんで。考え事したりするのに

    もっとみる

    カレーの思い出 469:ランドセルをプレゼント

    母のカレーの思い出です。母が小学校に上がる前、曽祖母が銀座で靴磨きをしていた事があったそうです。子連れで靴磨きをしていた曽祖母を気にかけて、声をかけてくれた喫茶店の方がいて、幼い母と遊んでくれたりランドセルをプレゼントしてくれたりしたそうです。その喫茶店はどこだったのか母に聞いてみると何とそのお店はニューキャッスルでした。母の思い出のお店ニューキャッスル。今度カレーを食べに行こうと思います。

    もっとみる

    カレーの思い出 468:蕎麦屋さん

    神保町の日本蕎麦屋さんの黄色のカレーが今までで一番おいしかったです。

    →お蕎麦屋さんのカレーは僕も好きです。毎年、年末に欠かさず食べに行くお店があるんですが、昨年末は行けなかったなぁ……。(水野仁輔)

    カレーの思い出 467:カレーにお世話に

    小学校のキャンプで初めて作った料理、家庭科で人によって作り方・切り方・入れる材料が違った料理、「これが美味い」味やスパイスなどにこだわり、大人になってから種類やお店にこだわるようになった料理、、、と、いま書きながら子供?大人までずっと、カレーにお世話になっているんだなぁと思いました。

    →そうですね。僕もカレーにお世話になっているなぁ。(水野仁輔)

    カレーの思い出 466:クリーミー

    子供の頃、母親が家族のために作った「ハウスバーモントカレー甘口」と、インド北部のナンと一緒に食べるクリーミーなカレーが好きです。

    →どちらもマイルドでクリーミーな味わいですね。優しいカレー。おいしいですよね。(水野仁輔)