カレーの学校

別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔

カレーの思い出 378:社会的アプローチ

社会学的なアプローチから考察するにカレーパンはカレー度が薄いと思います。 →むう、難しすぎて、何も言えません。ごめんなさい……。そういえば、社会的アプローチって…

カレーの思い出 377:最初からアレンジ

まだスパイスの基本もわからない時に適当に作ったカレーがあまりに不味くてびっくり。今はどうしたら美味しいカレーができるのかを水野さんのカレー教室で教えていただいた…

カレーの思い出 376:しゃびしゃび

お父さんがカレーを作ると、量がいつもの倍になったり、辛くなったりしゃびしゃびになったりします。 →しゃびしゃび、好きですよ、僕。おいしいんだよなぁ。カレーを作る…

カレーの思い出 375:挽き肉&かぼちゃ

最近我が家はカレーにひき肉&かぼちゃを入れることにはまっています。甘くておいしいです。 →かぼちゃをカレーに入れると甘みが強まっていいですよね。ひき肉と合わせる…

カレーの思い出 374:次の日はだいたい

カレーの晩の次の日はだいたい決まってカレーorカレーうどんでした。 →翌日カレーうどんは、一工夫されていていいですね。出汁の味がおいしくしてくれますから。(水野仁…

カレーの質問 095:よくカレーを作ってSNSにアップしていると、友達からたいてい「カレー屋さんにでもなるの?」と言われ、そのつ…

「気持ちは既にカレー屋です!」と答えておきましょう。(水野仁輔)