マガジンのカバー画像

カレーの思い出

498
Q. カレーの思い出を教えてください。笑える話、泣ける話、怒れる話、どうでもいい話、なんでも。集まってきた物語の数々を紹介しています。
運営しているクリエイター

2020年8月の記事一覧

カレーの思い出 317:捨てる運命

自分は独身ひとり暮らしなんですが、ルーカレーを作るときにどうしてもたくさん作りすぎてしま…

カレーの思い出 316:地獄カレー

あれは、たしか、小学校6年生の時でした。クラスメイトに、ピザオ(仮名)という、学校でも指…

カレーの思い出 315:インドとイタリアを行き来する男

これは、大学生の頃の話ですが、学生の頃の自炊は、大体パスタかカレーでした。また、カレーを…

カレーの思い出 314:ヒーヒ―言いながら

まだ、実家にいた頃の話ですが、家のカレーは、唯一親父と一緒に食べる朝ご飯でようやく本番の…

カレーの思い出 313:黙ってモクモク

上京し、初めて付き合った彼女の家で、作ってもらったのが、ビーフカレーでした。普通に美味し…

カレーの思い出 312:子供っぽい

ワタクシは、カレーと言いましても、母親の作るカレーが全てでした。長野にはカレー屋はあまり…

カレーの思い出 311:長山君のコントラスト

幼稚園の時、週に1〜2回お弁当を持って行く日があり、その時同じクラスに居た長山くんのお弁当がカレーだった事がありました。ボクは、子どもながらに長山くんのビニール袋に入っていたカレーの動向を気にしていると、長山くんは、真っ白なお弁当箱のご飯に、ビニールの中に拡がったカレーを指でしごいてかけていました。そのカレーの色は、真っ黄色で匂いもかなりスパイシーなカレー臭だったと思います。そんな訳か周りも長山くんがカレー弁当だという事に気付きだし、みんなもその動向に注目していた、その直後!

スキ
2

カレーの思い出 310:カレーは次の日

大学生の頃、ボクはよく付き合った彼女にカレーを作るからオレの部屋に遊びにおいでよと誘い、…

カレーの思い出 309:母の玉ねぎ

たしか、小学校1年生位の時、母親がカレーを作る時の玉ねぎを炒める手伝いがボクの初めての料…

カレーの思い出 308:15の秋の幸せ

僕のカレーの思い出は高校時代にサボり早退してよく行った喫茶店の焼きカレーパスタ。ハンバー…

カレーの思い出 307:ニューキャッスル

これは私のではなく 母のカレーの思い出です。母が小学校に上がる前、曾祖母が銀座で靴磨きを…

カレーの思い出 306:昼も夜も同じカレー

日本の夏、カレーの夏が、今年も怒涛の如く駆け抜けていきましたね。私もこの夏は、たくさんの…

カレーの思い出 305:ガッチガチの貝柱

知人から冷凍された大量の貝柱もらいました。かたまりの大きさとしてはソフトボールよりもうひ…

カレーの思い出 304:かる~い気持ちで

よく行く地元の居酒屋で、『私がカレーを作るのでみんなで食べよう!』とかる〜い気持ちで言ったのが発端となり、1日だけその居酒屋さんのお昼の時間に間借りカレー屋さんの体験をさせてもらいました。最初は10人程度、常連さんとマスターやスタッフが来てくれればいいと思っていたのですが、折角だから20人分は作ってみようと考えて、カレー好きな友人にも声をかけていくうちに結果、20人以上になってしまいました。。。もうこの時点でかなり緊張してましたが、その日はちゃんと来るわけで。。。 当日、カレ

スキ
6