カレーの学校
カレーの思い出 364:大晦日の激辛カレー

カレーの思い出 364:大晦日の激辛カレー

カレーの学校

子供の頃、大みそかになると父が激辛カレーを作っていました。お正月、親戚が大汗をかきながらカレーを食べていました。大人になった今、どのくらい辛かったのか確認してみたかったと思います。

→なぜ父は大晦日に激辛だったんでしょうかね。本当は大晦日に限らず、毎回、激辛カレーが食べたかったのかな。大晦日くらいは我慢しなくてもいいか、ということだったのかな。毎年恒例っていうのはいいもんですね。(水野仁輔)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カレーの学校
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔