見出し画像

カレーの実験 022:カレーリーフオイルにパウダースパイスを溶かす

※実験者:まるちゃん(ゼロワンカレー)、シャンカール(東京スパイス番長)、ヌマボーイ(NUMA BOY)

ケララチキンカレーを作った。

【材料】
米油 50g
玉ねぎ(粗みじん切り) 288g
塩 10g
GG(すりおろし) 35g
ピーマン(薄切り) 31g
パウダースパイス
 ・コリアンダー 12 g
 ・レッドチリ 4g
 ・ターメリック 4g
鶏もも肉(ひと口大に切る) 418g
水 300g
ココナッツミルク 150g
トマト(ざく切り) 145g
砂糖 3g
カレーリーフオイル 50g

【作り方】
1. 鍋に油を熱し、玉ねぎと塩を加えて濃いきつね色になるまで炒める。
2. にんにくとしょうがを加えてざっと混ぜ合わせ、カラーピーマンを加えて炒め合わせる。
3. パウダースパイスを加えて炒める。
4. 鶏肉を加えて全体を混ぜ合わせ、表面全体がほんのり色づくまで炒める。
5. 水とココナッツミルクを加えて煮立て、強火で5分ほど煮て、中火にしてさらに5分ほど煮る。
6. トマトと砂糖を加えてさらに3分ほど煮る。
7. カレーリーフオイルを混ぜ合わせ、強火で煮立て中火にして5分ほど煮る。

上記レシピの3番のパウダースパイスを炒めるプロセスをやめ、カレーリーフオイルに混ぜ合わせて少し湯煎し、7番の仕上げのスパイス的な感覚で加えた。これで十分、カレーとして楽しめることが分かった。カレーの作り方に新しいバリエーションを生めそうな気がしている。

画像1

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの実験
カレーの実験
  • 28本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。