カレーの思い出 431:京都のインデアン!

18才の夏、京都の「インデアン」へ(大阪とは別の…)。入店から帰るまでおやっさんは一言も口をきいてくれず、まだ世間知らずだった自分はびくびくしながら食べた。けど、おいしかった。

→京都のインデアン! 大好きでした……。一度閉店して、それから、どなたかが別の場所で復活されたんでしたっけ? 兵庫だったかな。そこへ食べに行った記憶があります。昔と同じ味わいでした。東京にあったら、通うと思います。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔