見出し画像

カレーの実験 001:鶏キーマにおけるホールスパイスの違いが与える影響について

カレーの学校

去る8月27日に水野さんの新しい“キッチン”にて、これまた新生「カレーの実験」グループ有志による第一回試作会を行いました。
議題は「鶏キーマにおけるホールスパイスの違いが与える影響について」。
ホールスパイス以外はすべて同じ条件で3つの鍋に分かれての実験を行いました。

画像2

◎キーマA:カルダモン/クローブ/シナモン
◎キーマB:マスタード/レッドチリ/メティ
◎キーマC:クミン/コリアンダー/フェンネル

調理後には試食を行い、参加者それぞれが3つのカレーの感想を述べました。
そして一番いいなと思うカレーを選んだのですが、これが見事にバラバラでした。
しかし他の人の味覚や主観的な好みをつぶさに聞くことができ、大変興味深く楽しい会となりました。

画像2

最後に総てのカレーを一つに混ぜてみんなで試食したのですが、美味しくはあるもののそれぞれの個性がわかりにくくなって、なんだかぼんやりとしたカレーになってしまったのが驚きでした。
やはり少数先鋭でスパイスの個性を出していったほうが面白いカレーが作れるんだなということを実感した瞬間でもありました。
これからもカレーにおける「?」を、まずは自分の手を動かしながら考える「カレーの実験」は続いていきます。次の報告もお楽しみに!(乃淡雅子)

画像3


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カレーの学校
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔