カレーの思い出 011:二日酔いカレー

カレーは二日酔いの特効薬である。特にスープ系のカレー(デリーのカシミールカレーが最も効くと思う)。しかし治らない場合もあり、最悪だったのはカレーを食べてから吐いてしまった時。カシミールカレーと胃液の混ざったのが鼻孔を通過して出てしまった後、しばらくニオイが鼻から離れず、ずっと気持ち悪かった。その後半年くらいデリーには行く気がしなかった。

→二日酔いはカレーでは治らないと思います。でも、二日酔いの日のランチはカレーにする、という話は本当によく聞きます。何か体が刺激を欲するんでしょうか。「しっかりせい!」みたいな。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 346本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。