見出し画像

カレーのヒント 074:Don't play the butter note.

ハービー・ハンコックがマイルス・デイビスから受けたアドバイス。

Don't play the butter note.

決まり切った音は使うな。バターは乳脂肪分たっぷりで聴衆が喜ぶのは一目瞭然なんじゃないか。具体的に言えば、3度の音と7度の音は使わない。曲の性質を決定づける音を使わないことで、演奏に幅が出た。

そうハービー・ハンコックが語っている動画を見た。カレーも一緒だよなぁ、と思った。

(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔