ルパン

カレーのヒント 002:ルパン三世

カレーのオープンソース化を進めている。誰もがレシピを自由に手に入れ、好き勝手にアレンジできるようになったら面白そうだと思っているからだ。賛同してくれるシェフも何人かいるけれど、まずは、僕自身のレシピやスパイスの配合を片っ端から無料公開していこうとしている。

実家に帰省したら、リビングのテレビでNHKの番組がついていた。しっかり見たわけではないが、ルパン三世についてだった。とても興味深かった。僕の解釈が間違っている可能性があるけれど、ルパン三世は、原作者(または著作権者?)が“ルパンという素材”を自由にしたことによって、錚々たるクリエイターがルパンをモチーフに作品作りをしているようだ。

それって、オープンソース化ということじゃないか! もし、それが間違っていないのだとしたら、僕がいまやっていることは、カレー界のルパン三世を生み出そうとしていることに近いのかもしれない、と思った。ルパン三世は、僕のレシピじゃなくてもいい。どこかの誰かのレシピでもいい。いつか錚々たるクリエイター(シェフ)がそのレシピを叩きまくって自由に自分なりのカレーを生み出し始めたら、なんと楽しい未来がやってくることだろうか。

ルパンカレー。「あなたの心です!!!」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーのヒント
カレーのヒント
  • 49本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。