カレーの思い出 213:辛党のウワサ

子供が小さい頃から普通に辛いものを作り続けていて、子供も平気で食べていたので、基準が世間とずれていることにまったく気づかず。たまたま家に来ていたご近所の人に気軽にすすめたところ、「辛すぎて食べられない!」と4人全員に言われ、しばらくウワサに…。

→辛い物好きはエスカレートしますからね。僕の知り合いのカレー店では、(汚い話ですが)トイレに行って吐いてまで食べられない辛さのカレーを求めるお客さんがいたそうです。怖い。麻痺してくるんですよ。あんまり体にはよくないと思います。気をつけてください。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 298本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。