見出し画像

カレーのヒント 070:ボブディランのおかげです

新刊の制作真っ最中のため、年明けから撮影地獄&執筆地獄が終わらない。
2つの意味で春が待ち遠しい。
昨年末にいいものを見つけた。
「Theme Time Radio Hour」である。
ボブディランがラジオ番組を持っている(持っていた?)ことは聞いていた。ふと検索してみると、なんと、アーカイブが聴けるじゃないか! 聞いてみると好みのオールディーズオンパレード。ナビゲーションはボブディランの渋いだみ声。
しかも、しかも、このアーカイブ、60分×100本以上ある。ああ、神様、ありがとう。1日1本聴くとして3周したら約1年。僕の2021年は、もうBGMに悩む必要はない。
これまではラジコでオールディーズのかかる番組を聴くか自分のCDを聴くか、どうしようもなければYouTubeをCMを我慢しながら聴くか、だった。
ラジコは、サンデーソングブック、名盤アワー、バラカンビートくらいしか僕の好みの音楽が延々と聞ける番組は見つけられず、あっという間に視聴期間を終えてしまって困っていた。
が、Theme Time Radio Hourに関しては膨大なアーカイブ。しかも、検索してコンピレーションアルバム(CD)が3枚あるのを見つけ、アメリカから取り寄せてしまった。というわけで、キッチンでの調理や撮影中もバッチリなのである。
頑張ろう。頑張れる。
ありがとう、ボブディラン。
本当に嬉しくてニヤニヤしている。
(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔