見出し画像

カレーの実験 024:鍋が変わるとカレーの味わいは変わるのか? ハンズオフ鍋比較第一弾

スパイスカレー作りからテクニックを排除し材料の量とバランスで煮込むハンズオフカレー実験をキッチンにて前回に習い アルミ・アルミ合金・鋳鉄・ステンレスの以上4鍋を使用し粛々と行いました。

材料は 油 玉ねぎ GGペースト トマトピューレ プレーンヨーグルト 鶏もも肉 ホールスパイス パウダースパイス 塩 水を各鍋に規定量油から順に投入し蓋をして同時に着火しました。

また水野鍋以外中が見えないので開始から10分後20分後に鍋中を観察し完成時の25分後には味見・比較等の検証した後 蓋をあけたまま各鍋の焦げ付き手前までグツグツ煮込みました。

ハンズオフカレーの性質上材料を切り鍋に投入後は特にすることもなく…楽しく長い歓談の時間が過ぎ 最後には全鍋混ぜ混ぜ闇カレー!を持ち帰りました。

結論として ハンズオフカレーは材料の量とバランスがある程度完成されている為に各鍋に個性はあれど特筆すべき差は少なくどの鍋も美味しく仕上がりました。

ただ バーミキュラの気になる主張が端々に見られ今後の検証材料となりました。(沸騰までの時間が極めて長い・煮込んでも重量がほぼ減らない等)

画像1

画像2

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの実験
カレーの実験
  • 28本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。