カレーの思い出 068: たぶんカレーの……

昔、料理が嫌いでそれを見かねた母に「じゃがいもの皮むいときなさい」と言われて台所に立ったら貧血を起こし、母に「休んでいいよ」と言われ、「あぁ、私は本当に料理が嫌いなんだ。というか、生理的にできないんだ」とつくづく実感し、女の子なのにこの先どうなるんだろうと思った。あのじゃがいもはたぶんカレーの具のじゃがいもでした。

→ 料理が苦手な人が最初に作る、とか、料理に慣れるために挑戦するのはカレーになることが多いかもしれません。そんなイメージでカレーのジャガイモをむかせようとしたんだと思いますが、母の想像以上に手ごわかったってことですね。嫌い過ぎて台所に立つだけで貧血とは! そこまでであれば、料理は食べる側に徹するのもいいかもしれません。最近は、料理が好きな男子もたくさんいますから、女子で料理ができないということ自体は、何の問題もないと思いますよ。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 298本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。