カレーの思い出 015:味噌かカレーか

初めて一人で店に入ってごはんを食べたのは、当時住んでいた下北沢にあったカレー屋のゆめやでした。そばちょこにスープがついていて、よく煮込まれたビーフカレーはおいしくて実家住まいだったのによく立ち寄っていました。ちなみにアンゼリカは中学生のころから通っていましたが、いつもみそパンと迷ってカレーパンを選んでいました。今は3種類もあって驚きました。

→『ゆめや』懐かしい! 僕も何度か行きました。中学生で下北沢の『アンゼリカ』に通うとは、都会っ子は羨ましいです。みそパンとカレーパンで悩む気持ちはわかります。味噌カレーパンがあったらよかったのに。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 346本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。