カレーの思い出 130:好物はカレーライス

子供の頃(S18~S25年)、食糧難で大した物がない時に母親が作ってくれた味を、今でも思い出します。色は黄色(濃い)、具はとり肉でした。味は薄く、塩からい物でした。でもカレーは基本的に自分は大好きです。私が成人した頃、訪問した家で食事の時間になり、あなたの好物はと聞かれ、本当は寿司やとんかつを云いたかったが、遠慮して、カレーライスと伝えたら、出前を取ってくれた。
それから3年後、5年後もずっとカレーだった。内心、たまには上寿司を他の人が食べていたのがうらめしく、最初に正直に食べたいものを云えばよかったと反省してました。

→いいじゃないですか、カレーライスで。寿司やトンカツと同じくらいおいしいですよ!(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 271本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。