カレーの思い出 283:カレーの香りが周回遅れ

1人暮らしをしていた専門学生時代のことです。その日はバイトの給料日前、財布の中はすっからかん。残った食材は、実家からもらった米、無駄に立派な大根、カレールー。大根カレーを作ることに。私の頭の中の完成図は分厚いジューシーな大根がほろりとほぐれる素敵なカレー。出来上がったのは大根の強烈な香りとエグさがフルスロットルなソースに置いてけぼりのカレーの香りが周回遅れで追ってくるひどい代物。コレは食べられないと思ったのは後にも先にもこの時のカレーだけでした。結局どうにもならず申し訳無さとともにトラウマを残した大根カレー。あれから20年近くたって、もう大丈夫。きっと美味しく作れるのだと思うのだけどいまだに大根カレーと向き合う勇気が出ないカレーの思い出でした。

→大根ってカレーに合いますけどね。カレールウを使ったカレーだったらちょっと厳しいのかもしれません。スパイスのカレーなら、とってもいい感じになると思います。大根の香りがカレーの香りを追い越していくなんて、想像できないレベルですね。あ、大根だけだったのかな、具が。肉と大根とか、ほかの野菜と大根とか、いいですよ。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 408本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。