カレーの学校
カレーの思い出 380:穴という穴から

カレーの思い出 380:穴という穴から

カレーの学校

ゼミの友人とエチオピアに行った時、「じゃんけんで負けた1人が30倍にする」というルールで1人負けして30倍を食べることに。1口目はおいしかったがそれ以降は味がわからず。穴という穴から体液を出しながら食べていました。

→じゃんけん罰ゲームで激辛カレーは若いころの定番と言っていいでしょう。幸せなカレーの形です。僕もやったなぁ。でも、僕の場合はじゃんけんで勝っても負けてもみんなの前で激辛カレーを食べたなぁ。ただ食べたかっただけという。罰ゲームじゃないですね。(水野仁輔)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カレーの学校
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔