カレーの思い出 298:一言多い手紙

職場の上司(女性)にカレーを作ってほしいと頼まれたので、女性受けしそうなチャナマサラを作りました。タマリンドがなく代わりに梅干を入れたのですが、タッパーウェアを返してもらった中に手紙が入っていて、「隠し味は何?あの酸っぱさはなかった方がいいな」と書かれていました。まあ、カレーだけでなく、すべてのことに一言多い上司だったのですが、二度とカレーを作ってあげることはありませんでした。

→なんともショックなお手紙……。そんなことがあったら、僕も二度とカレーは作らないような気がします……。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 345本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。