カレーの思い出 074:カレーが当然

インドカレーを3ヶ月位前から自分で料理しては食べるようになりました。(以前は外食専門でした)。色々なレシピを試したくて、ほぼ毎日インド料理を作っています。夕食に残ったら会社でのお弁当にも持っていきます。会社の弁当にカレーを持っていくと、同僚から驚かれます。「今日は何のカレーなの??」とか、以前はよく聞かれていましたが、最近はみんなも慣れてきたのかあまりカレーに反応されません。カレーがあって当然の生活になってしまいました。

→毎日インド料理!!! もうインド人ですね。同僚の方々は徐々に印度化していくのをずっとウォッチングしているんでしょうね。おもしろそうだなぁ、それ。そのうち会社の他のみなさんも巻き込み始めるとさらにおもしろそう。カレーの香りは強烈ですから、「俺もカレー弁当を持ってこようかな」なんて感じで蔓延し始めたら、会社の印度化計画ですな。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 408本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。