カレーの思い出 456:じゃがいもを入れ忘れていなかったら

私にお付き合いしている人がいるんですが、きっかけはカレーでした。大学一年生の春、上京したばかりの私は初めての一人暮らしではりきってカレーを作ったのですが、じゃがいもを入れ忘れてしまいルーを入れた後から慌てて入れたものの火がなかなか通らずパニックになったことがありました。その時に助けを求めたのが知り合って間もない彼で、それがきっかけで仲良くなりお付き合いするようになりました。今思えばあの時カレーを作らなかったら、じゃがいもを入れ忘れていなかったら、、、お付き合いすることはなかったと思います。彼とは付き合って3年になるのですが、二人の間では今でもカレーは特別なメニューです。


→いやぁ! すばらしい。うらやましい。お幸せに。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると600人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔