カレーの授業:第24期 5限目
見出し画像

カレーの授業:第24期 5限目

カレーの学校
5限目の授業テーマは「妄想空想タイ旅行計画」
タイカレーを探る旅を通してカレー文化の多様性を考えます

時間を見つけては、カレーを探しにせっせと世界を旅していた水野校長。2020年の2月、煮込みカレーの「ニハリ」を探求すべく訪れたインド・パキスタンを最後に海を渡れなくなり、本当なら入り浸るはずだったタイに想いが募ります。

まずは、サラサラ〜っとホワイトボードに世界地図を書くところから授業はスタート。インドで生まれた「カレー」がどんな風に現在のように世界中に広まったのか、校長の3つの見解が語られます。

あれあれ、意外とアジア旅行経験者の多い24期生におののく校長

さて、インドカレーに並んで日本で有名な海外カレー2トップのタイカレーを20年以上も放置していた校長。なぜようやくなの?

それはちょうどハーブに興味が出てきた頃、とある撮影で作った簡単なタイカレーがきっかけだったそう。明らかにインドのカレーと作り方が異なるタイカレーはまだまだ未開の土地。それならば、タイのカレーや近い料理の成り立ちをメソッド化して、新たなオリジナルのカレーを生み出せるかもしれない…

インドのカレーから生み出された「スパイスカレー」に対抗して「ハーブカレー」という名で。

ハーブカレー、果たして盛り上がるのかしら….、10年後には盛り上がるかもね…。そんなことはさておき、面白そうだからやってみよう。そのためには、まずはタイカレーを学ばねば!…と12種類のメニューがピックアップされます。

国境は人間が作ったもの。食文化は陸続きの場合、基本的にはグラデーションをなしていて、同じ国でも北と南では味が異なる。宗教なども大きく影響を与える。

地図を見ながら、現地で検証したいタイカレーを整理していきます。まだ見ぬ世界のカレーは、今やインターネットなんかで画像検索できるけど、そうではなくて実際に自分で食べてみたい。その味から、例えばその地に広まったカレーがどのようにして運ばれたのかを検証したい。

例えば、実際に東南アジアを訪れて現地のお母さんに作ってもらった「カリーメダン」というインドネシアのカレーは、タイカレーペーストと同じようにペーストから作られていた。だがそこに使われていたスパイスはインドで使用される種類のものが多かった。さらには作り方はタイとインドの折衷だった...

とあるタイカレーの材料や作り方を分解してみる。メソッド化したら、あっという間に50種類以上のオリジナルのハーブカレーができそうだ.. 

妄想、仮説、空想、仮説…。検証、検証、メソッド化…。
水野校長の世界のカレーを巡る旅は、行く前から行った後まで、ずっと楽しい。

実際のところはどうなのか
どっかの誰かの、どんなに信憑性のあるお話も、それはあくまでヒントの一つ
正解はなんなのか
常に仮説を持って自分で確かめたい
それをじっくり検証したい

いつもの止まらない好奇心は、旅のスタイルにも現れます。現地でのんびりするのでもなく、ガイドブックを片手に掲載された誰かの思い出と同じ写真を撮るのでもない、校長の、旅における一つの視点。

皆さんも、カレーはもちろんサモサでもいいし、チャイやパロタなんかを巡る旅など妄想してみて。それなら今すぐ世界の旅を楽しめるかもしれない…まずは地図を片手にね。

「妄想空想旅行計画」

5限授業のあと。タイ大好きガネさんのまさかの不意打ち「キュンです」に和む控室。
いよいよ最後の授業6限目は、人気授業「あの人に聞く、儲かるカレー店の作り方」です!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カレーの学校
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔