見出し画像

カレーのヒント 011:焼酎に比べれば…

麦焼酎発祥の地と言われている壱岐島で、酒蔵を訪ねた。焼酎と日本酒を共に造っているという。話を聞くと、「日本酒はファーストフード、焼酎はスローフードなんです」と独特の説明をしてくれた。

日本酒の場合、醸造してから飲むまでの時間が短いが、焼酎は蒸留してから熟成期間を置くため、飲むまでの時間が長くなる。だから新しい手法に挑戦したとしても、その結果が出るまでに3年かかったりする。3年前の“挑戦に関する記録”は残っていてもそのときの感触やイメージまでは残っていない。日本酒に比べて挑戦と結果がリンクしにくいという。興味深い話だった。

焼酎は発酵の後、蒸留と熟成を経て完成する。常圧蒸留か減圧蒸留かによって原材料の風味をどこまで残すかが変わり、その後、熟成させる樽の種類や期間によってまた風味が変わる。

焼酎と同じく風味を大事にするカレーの方はといえば、出来上がった瞬間から味見ができる。挑戦の結果が瞬時にわかる。レシピはもちろん、作っている途中の感触や香り、イメージがハッキリと頭に残っているうちにおさらいができるのだ。なんて恵まれた環境なんだろう。

もっと挑戦しまくり、実験しまくり、ただちに結果を見て復習したり思考したり次の挑戦をしたりしなくちゃいけないな。壱岐島の焼酎の酒蔵で、「怠けてはいけない!」と改めて思った。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーのヒント
カレーのヒント
  • 49本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。