カレーのヒント 010:スヌープ・ドッグ

何かの記事にスヌープ・ドッグのインタビューが出ていた。

「良い音楽が与えてくれるフィーリングを愛している。自分のものじゃなかったとしても、あの気持ちが大好きなんだ」

「でも、もしそれが俺のものだったら、より最高だ。俺がそれを成し遂げたってことだからね。過去には出来が良くないプロジェクトもあったけど、俺にとっては、あの気持ちを感じるものだった。俺にとっては、それだけが大事なんだ」

「800万枚売れようが、10万枚であろうが、それが2万2000枚や17枚でも俺には関係ない。そんなのどうでもいいだろ? フィーリングのためにやってないなら、間違った理由でやっているってことだ。金儲けや有名になるためにやるもんじゃないね。このゲーム基盤はそうやってできたんだじゃない」

「成功したり、大スターになった奴なら誰でもそうさ。奴らは、何をさておき、このフィーリングを愛してきたんだよ」

共感した。「音楽」のところを「カレー」に置き換えて何度も読み直している。「17枚」ってところもいいねぇ。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーのヒント
カレーのヒント
  • 61本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。