見出し画像

カレーの実験 040:【第1回 カレーの粉 実験レポート】

◆メンバー:岡田、黒沢、田中、林、水野、安田、横田(web:河合、お休み:竹田)
◆場所:AIR SPICE キッチン

◆内容
1. 背景・目的
20年秋より乾燥チームでは乾燥玉ねぎはカレーをおいしくするんじゃないか? と研究を続けていた。乾燥玉ねぎカレーは美味しかったが、おいしさと手軽さを両立させるため、乾燥玉ねぎをパウダーにするアイディアが出た。じゃあ全部パウダーにしちゃおうよ、ということで、「カレーの粉」チーム立ち上げ! 第1回実験を実施した。今回目的は、カレーの粉はおいしいか? の確認、調理方法の確立、とする。

2. 実験使用サンプル:カレーの粉チキンカレー
【材料・4人分】
カレーの粉(※全て市販品を使用)
 ・玉ねぎの粉 12g
 ・トマトの粉 10g
 ・ガーリックの粉 1g
 ・ジンジャーの粉 2g
 ・ミックススパイスの粉 15g
塩 8g
サラダ油 100ml
鶏肉 458g
水 300g

画像1

3. 調理方法
A:ハンズオフ
  鍋に材料を全て投入、沸騰後20分弱火で煮込む
B:生マサラ→ハンズオフ
  熱した油とカレーの粉を混ぜ合わせ、鶏肉に10分馴染ませる、その後Aと同じ
C:炒め工程あり
  鍋でサラダ油を熱し鶏肉を炒めこんがりしたらカレーの粉を加えさらに炒める、その後水を入れ弱火で煮込む(炒め4分、煮込み16分)

画像2

4. 結果:カレーの粉は予想以上においしい!
・みんなのコメント
おいしい、コクがある、ダシっぽい、均一な味、さらっとしたテクスチャーが良い、ちょっと油が多い、ABCで大きな差はない
・よって、調理の手軽さからカレーの粉はA:ハンズオフが最適と考える、そして最も重要なポイントとして:カレーの粉はおいしい!

画像3

5. 今後の予定
・次回実験予定:6/17(木)
・カレーの粉を自作(各材料を乾燥→パウダー化)し、オリジナルカレーの粉チキンカレーを試作する
・他に、カレーの粉ケララチキン、カレーの粉ポークビンダルーを試作する
・7月キャンプに採用するカレーの粉を決める

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
17
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると600人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔