カレーの思い出 275:これがいいというんだから

カレーの思い出 275:これがいいというんだから

カレーの学校

実家に帰ると、カレーを作って冷凍しておきます。スパイスを持っていってチキンカレーを作ったり、カレールーにその時の気分でいろんなものを足したりしていたわけですが、リクエストは、「オーソドックスな、ポピュラーなカレーが食べたい」とのこと。リクエストに応えた結果は、かつてないほどの大好評でした。
どうやって作ったのかというと、こちらの創意工夫は全否定だと思ったので、塩・こしょうも一切使わず、ジャワカレーの中辛と、バーモントカレーの甘口を3:1 の割合で投入しただけです。味見すると、子どもの頃、街の定食屋さんで出てきたようなイメージのカレーでした。これがいいというんだから、今後もこのとおりに作ろうと思っています。

→オーソドックスってなんなんでしょうね? ポピュラーってなんなんでしょうね? カレーは難解ですね。(水野仁輔)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カレーの学校
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔