カレーの実験 048:カレーの粉 畑編 第1回実験レポート
見出し画像

カレーの実験 048:カレーの粉 畑編 第1回実験レポート

カレーの学校

日時:2022年3月8日(火)18:30~
場所:ルーム
参加者:岡田、河合、黒澤、安田、横田、林(記)

1.背景・目的
・“カレーの粉”とは、カレーの材料の水・油・メイン具材以外が全てつまった、おいしい粉
・これまで、ハーブをメインにした“カレーの粉 海編”、きのこをメインにした“カレーの粉 山編”を開発してきた
・今回新たに野菜をメインにした“カレーの粉 畑編”を開発する
・第1回は、野菜をメインにしてもおいしいか?を確認するため実験した

2.内容
(1)レシピ作成・準備
・色をテーマにして、レシピを作成・準備した
①青
カレーの粉:ほうれん草20g、カレーリーフ2g、カスリメティ2g、キウイ4g、トマト10g、玉ねぎ13g、にんにく2g、しょうが1g、塩6g、クミン4g、コリアンダー10g、チリ2g、ターメリック1g
その他:なす250g、水380g、油60g
②赤
カレーの粉:トマト10g、にんじん10g、かぼちゃ10g、マンゴー4g、玉ねぎ13g、にんにく2g、しょうが1g、塩6g、クミン4g、コリアンダー10g、チリ2g、ターメリック1g
その他:カリフラワー250g、水380g、油60g
③白
カレーの粉:じゃがいも(インカのめざめ)10g、大根10g、かぶ10g、ライチ4g、バターミルクパウダー10g、玉ねぎ13g、にんにく2g、しょうが1g、塩6g、クミン4g、コリアンダー8g、ブラックペッパー2g、カルダモン3g
その他:ブロッコリー250g、水410g、油60g

画像1

画像2


・調理方法:メイン具材以外全てを鍋に入れ強火にかける→沸騰したら中火で5分→メイン具材を投入して中火で5分→完成

(2)感想
・どれも全部おいしい!! 
①青:見た目が良い、普通の店のサグよりおいしい、カスリメティが効いてる、カレーリーフが香らない、キウイの酸味が強い、草っぽい、テクスチャー◎
②赤:野菜の甘さが引き立ってる、辛味のバランスがよい、やさしい、いくらでも食べれる、
③白:粘度が高い、じゃがいもが強い、カルダモンが効いている、ライチの香りがあまりない

(3)改善点
①青:酸味の調整をする?、草っぽさを低減させるためカスリメティ減らす?、少し乳製品入れてみる?、なす素揚げする?
②赤:にんじんメインにしてトマト少な目にする?、パプリカパウダーいれてもっと赤っぽくする?、カリフラワー焼く?
③白:じゃがいもやめて白菜にする?、水を増やして粘度下げる?、ライチの香りを活かすためふやす?、ブロッコリーやめて芽キャベツにする?

画像3

(4)結論
・野菜をメインにするとおいしい!

3.今後の予定
・次回実験では、今回作成した青・赤・白3つのレシピに2.(3)改善点を織り込み、よりおいしくできるよう改良する


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カレーの学校
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔