カレーの思い出 090:見知らぬ土地のスリランカ

高校2年の時、オープンキャンパスで実家の有る静岡から大阪まで一人で行った際に梅田で食べたスリランカカレー。まだ食べログもなかった時代、初めてのひとり旅で、しかも見知らぬ土地でふらりと入ったスリランカカレーがとても美味しかった。お母さんのカレーや給食のカレーとも全然違う味に、「こんな美味しいカレーがあるんだ!」とびっくり。店の名前も場所も思い出せないけれど、あの経験が自分のカレー好きだったり、食べログをあまり見ないで食べ歩きするというスタンスの原点になっている気がする。

→カレー好きの原点になる体験ってありますよね。それがお店のカレーだった場合は、やっぱりそのお店がどこの店なのか、今でもあるのかどうか、などは気になるところです。調べて食べたい気もするし、いま食べてもあのときの感動が蘇ってくるかどうかはわからないからやめておいた方がいい気もするし。スリランカを旅するのはいいかもしれません。カレー好きの原点のそのまた原点。ぜひ行ってみてください。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 338本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。