カレーの思い出 286:体調不良のときには

大学時代のカレーの思い出です。実家に帰省した時に謎の高熱に襲われ、母親に何か食べたい物をと聞かれたときに、カレーと答えていました。けれど作ってくれたカレーは全く食べられず、付け合わせのキュウリの漬物にしか手をつけられませんでした。短時間でカレーを仕上げてくれた母親には感謝です。人は体調不良の時にスパイスを求めるのでしょうか? 最近では風邪気味、二日酔いなどの時は積極的にカレーを食べています。

→それほどカレーが好きだったんですね。体調不良の時にスパイスを求めるかどうかは、人によって違うのかなぁ。僕は体調不良の時には、スパイスもカレーもNGです。素うどんとか食べたい。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 342本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。