カレーの思い出 250:とっちゃの作ったカレー

昨年5歳になった息子に、カイエンペッ パーをパプリカパウダーにかえて、チキンカレーを作り、 食べさせたところ、大喜び。おかわりもしてくれました。息子は、カレー自体好きだったのですが、僕が作った スパイスカレーを食べて喜んでくれたのは、本当にうれしかったです。
その少しあとの、保育園での誕生日会のことです。その月の誕生日の子供達が、みんなの前で、自分の名前などを発表す る場があったそうです。その際に、好きな食べものは?と聞かれた息子は、『とっちゃの作ったカレー』と、発表してくれたそうです。(息子から、「 とっちゃ」と呼ばれております)その話を聞いた時、感慨深いものがあり、これからもおいしいカレーをたく さん作ろうと心に決めました。

→そりゃー、嬉しいでしょうね! しかし、毎日食事を作ってくれているであろうお母さんは、そりゃー、へこんだでしょうね!(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 267本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。