カレーの思い出 075:生卵もあり!

浦川での林間学校でのカレー。春野山の村でのカレー。なぜ野外活動のカレーはあんなにうまかったのだろう。3〜4杯はいけたなぁ…。カレーに「生卵」もアリ!と聞いた時の衝撃!やってみたら甘くなってうまかった。

→本当にその通りだと思います。なぜ、野外活動のカレーはあんなにうまいんでしょう? そういえば、好きな人に告白するときにつり橋の上で実行すると成功率が上がると言う噂がありますよね。本当かどうかわかりませんが、一部では、「吊り橋理論」とか「吊り橋の法則」とか言われているようです。あれのカレーバージョンがあってもいいですね。アウトドアで作ったカレーはおいしいと思われやすい。「カレーのアウトドア理論」。僕がいた東京カリ~番長というグループは、ずっとアウトドアのカレーを楽しみ続けています。だから実力以上にカレーの味が評価されたのかも!?(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 338本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。