カレーの思い出 082:妊婦さんとカレー

イギリスでの話ですが、妊婦の友人(日本人)とインドカレーのお店でランチをしました。彼女はその夜に産気づき出産しました。8ヶ月だったので少し早かったので驚いたのですが、その話を後日アダルトカレッジのクラスですると、“妊婦さんはカレーを食べてはいけない”と、海外では当然のように言われてビックリしました。

→そうなんですね。日本の妊婦さんは普通にカレーを食べているんでしょうか。カレーの種類にもよるかもしれませんが、イギリスは基本的にインドのカレーなので、刺激が強すぎるのかもしれません。日本でも医療関係者や医者と話をしていると、いわゆる病前、病後の段階は、できるだけ刺激物を避けるべきだ、と言われます。当然、スパイスやスパイスを使ったカレーは、それにあたります。ので、カレーを存分に食べていられるのは、健康な証拠だと思ったほうがいいのかもしれません。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 259本
コメント (1)
インドの妊婦さんは、何たべてんだろう?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。