カレーの思い出 429:mixカレースパイス

トルコの小さな町のホテル(キタップエビ:本の家という意味)で朝ご飯に出て来た一品。マッシュルームのスライスを炒めたものがオムレツにつつまれてmixカレースパイスが上からふりかかったものでした。トルコでカレー風味は初めてだったのでおどろいたのと、とても美味しくて帰国してからもよく作っています。思いがけないところで出会うカレー風味に感動しました。

→そのmixカレースパイス、どんな香りだったんだろう。世界中にいろんなスパイスのミックスが存在します。あちこち行って体験してみたい。CURRY POWDERのような存在も世界中にあります。その土地、土地で、「CURRY」という概念が独自に成長を遂げて食文化に融合している。それが面白い。本当に不思議な存在だな、と思います。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔