カレーの思い出 057: Blue Sky Curry

僕は母親が作るカレーは、皆が言うほど好きではありません。カレーにハマったのは、インドへ行ったのがキッカケです。カジュラーホーにある「Blue Sky」というレストランで食べた「バガディ ベイガン イン ココナッツ」というカレーが衝撃的にうまくて、「カレーはこんなにおいしいのか」と思ったのをよく覚えています(今考えると、日本のカレーにはない「香り」「甘み」にやられたんだと思います)。インドでこんなにおいしいなら、日本にはもっとうまいカレーがあるだろう、と思い、カレー屋巡りを始め、今に至っています。※よくよく聴いたら「Blue Sky」のシェフは、大阪のインドレストランで2、3年修行していたそうです。

→ 海外で衝撃を受けたカレーを作ったシェフが日本にいたことがある、というのはこれまた衝撃的な事実ですね。そのシェフのカレーをいま日本で食べられないのは残念ですが、そういうことがあったということは、今後も同じようなことがあるのかもしれません。すなわち、いま、国内のどこかでカレーを作っているシェフの味が、別のどこかで誰かに衝撃を与える可能性を秘めている。そう思うと、ちょっと次に行くカレー店の見かたが変わるんじゃないでしょうか。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 298本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。