カレーの思い出 276:ディズニーランドにはかなわない

私の通っていた中学校では、毎年学年ごとに遠足があり、1年生は飯盒炊爨(はんごうすいさん)、2年生は動物園、3年生はディズニーランドと行き先が決まっていました。しかし私たちが2年生になり、動物園に行った際に、同学年の男子数人が他校の生徒相手にやんちゃをしてしまうという事件がありました。人のたくさんいるディズニーランドには行かせられないということで、3年生になってからの遠足は、1年生のときと同じ、山奥での飯盒炊爨になりました。
自然の中でカレーを作るのも、1年生のときは楽しかったですが、2回目のカレーは、ディズニーランドに行けず恨めしかった思い出しかありません。思い出せないカレーの思い出でした。

→ディズニーランドの恨みをカレーが背負ってしまったんですね。そりゃ勝ち目がない。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 296本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。