カレーの思い出 184:カレーの孤独感

末っ子の私は独りで食事をする機会が多く、ラーメンやカレーを食べることが多かった。ラーメンに孤独感はないが、カレーに孤独感があるのは、その子供の頃の印象だと思う。一人住まいになって、カレーを自分で作った事がよくあったが、何度も温め直して食べたカレーは実においしかった。

→不思議ですよね。ラーメンは袋ラーメンを作って一人で食べるイメージ。カレーは大鍋に作ってみんなで食べるイメージ。ラーメン店には一人で食べに行くイメージ。カレー店には仲間と行くイメージ。なのに、ラーメンにない孤独感をカレーに感じる。たしかに独り暮らしの自炊にカレーというのは割と多い想い出かもしれません。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 271本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。