カレーの実験 030:スパイスを隠し味にコーヒーオレを作ってみる
見出し画像

カレーの実験 030:スパイスを隠し味にコーヒーオレを作ってみる

スパイスやカレーにコーヒーを絡めた実験第二弾。今回もコーヒースペシャリストの中川”VIVA”亮太さんを迎えて実験しました。

今回の検証条件は下記のとおり

・作るのはスパイシーなコーヒーオレ、俺
・ミルサーでパウダー状にしたスパイスを、挽いた珈琲豆とミックスしてドリップ
・コーヒーとスパイスが重なった味をストレートで飲んで確認した後、フォームミルクを加えたカフェオレバージョンでもテイスティング

・豆は3種。①浅煎り(エチオピア)、②深煎り(マンデリン)、③中深煎り3種のブレンド

・それぞれの豆に合わせるスパイスは、豆を香った印象で3種類選びました
①浅煎り→メース、ターメリック、コリアンダーシード
②深煎り→塩、ティムール、レッドチリ
③中深煎り→ビックカルダモン、ブラウンマスタード、ブラックペッパー

④番外編として普通にドリップしたコーヒーに、カレーリーフを漬け込んだオイルを数滴垂らしたものも試しました

・珈琲豆に対しスパイスの配合量は8〜12%
・抽出方法はドリップ

画像1

画像2

画像3

画像4

これ、新しい味だね!とか
飲んだことない美味しさ!…とか

そんな瞬間を期待して臨んだ実験でしたが、すでに洗練されたアラビカ種の豆で淹れたコーヒーをさらにぐっと美味しくしてくれるようなスパイスブレンドを見つけることは、今回は出来ませんでした。

期待通りの答えが出なかった事が、次に試してみたい事をアレコレ妄想させます。

配合した量の問題かもしれないし、選んだスパイスの問題かもしれない。缶コーヒーなどに使われるロブスター種の豆だったらグレードをあげる事ができるかもしれない。抽出方法をトルコ式の様に煮出したらどうだろう…

苦い結果を噛み締めているあいだ、VIVAさんがもう一度淹れてくれてシンプルに飲んだコーヒーの美味しさに、世界中から愛され、長い歴史を持つこの飲み物の完成度の高さを思い知りました。

だから実験は面白い…と思いました。

画像5

画像6


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると600人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔