カレーの思い出 214:白身と黄身をぐちゃぐちゃに

保育園の時に友達の家に遊びに行き、夜ご飯にカレーをごちそうしてもらいました。その家はカレーに生卵を入れる家で、今であればアリだなーと思うのですが、その時は驚いたし、白身と黄身をぐちゃぐちゃに混ぜて食べるカレーに驚きました。味は覚えていないのですが、おいしかったと思います。

→保育園でカレーに生卵を見たら、息が止まるほどびっくりするでしょうね。目に浮かびます。友達の家のご飯というだけで異世界なのに、よく知っているカレーというメニューがそんな食べ方されているなんて。帰宅して親になんて伝えたんでしょうね。この話を読んでいて、無性にカレーに生卵、やりたくなりました。レッドチリをちょっときかせてね、醤油もほんの少し。ああ、美味しそう。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 301本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。