見出し画像

カレーの実験 041:第2回 カレーの粉 実験レポート

◆日時:6/17(木)18:30~
◆場所:キッチン
◆メンバー:岡田、河合、黒沢、竹田、田中、水野、安田、横田、林(記)
◆内容:
1. 背景・目的
・ 第1回実験では、カレーの粉はおいしい!ことを確認
・ そして、調理方法の検討から、ハンズオフが最適という結論を得た
・ 今回目的は、カレーの粉お披露目の場として7月予定のキャンプへ持ち込むレシピの検討、とする

2. カレーの粉レシピ検討
①カレーの粉ケララチキン

画像1

玉ねぎパウダー:16g
トマトパウダー:13g
ガーリックパウダー:2g
ジンジャーパウダー:1g
パウダースパイス:17g
ブラックペッパー:小さじ1/2、クミン:小さじ2、クローブ:4ヶ、カルダモン:4ヶ、チリ:2ヶ、パプリカ:小さじ1、ターメリック:小さじ1/2
カレーリーフパウダー:3g ※オリジナルパウダー使用
マスタードシードパウダー:3g
ココナッツミルクパウダー:40g
塩:8g

※以下その他材料

サラダ油:70ml
鶏肉:400g
水:300g

②カレーの粉ポークビンダルー

画像2

玉ねぎパウダー:16g
トマトパウダー:13g
ガーリックパウダー:4g ※オリジナルパウダー使用
ジンジャーパウダー:1g
パウダースパイス:13g
シナモン:1本、ベイリーフ:1枚、コリアンダー:小さじ2、クミン:小さじ1、ターメリック:小さじ1/2、パプリカ:小さじ1、ブラックペッパー:小さじ1/2
梅干しパウダー:5g ※オリジナルパウダー使用
パイナップルパウダー:5g ※オリジナルパウダー使用
アムチュールパウダー:5g
グリーンチリパウダー:2g ※オリジナルパウダー使用
ワインパウダー:20g
塩:3g

※以下その他材料
サラダ油:70ml
豚肉:400g
水:300g
(下記③、④については、市販パウダーとオリジナルパウダーでのおいしさの比較をする)

③カレーの粉チキンカレー(市販パウダー)

画像3

玉ねぎパウダー:16g
トマトパウダー:13g
ガーリックパウダー:2g 
ジンジャーパウダー:1g
パウダースパイス:17g
カルダモン:5ヶ、クローブ:5ヶ、シナモン:1本、グリーンチリ:2本、ターメリック:小さじ1/2、レッドチリ:小さじ1/2、コリアンダー:大さじ2、マスタードシード:小さじ1/2、クミン:小さじ1/4
ヨーグルトパウダー:10g
塩:8g

※以下その他材料

サラダ油:70ml
鶏肉:400g
水:300g

④カレーの粉チキンカレー(オリジナルパウダー)

画像4

玉ねぎパウダー:16g 
トマトパウダー:13g 
ガーリックパウダー:2g 
ジンジャーパウダー:1g
※上記全てオリジナルパウダー使用、以下レシピ③と同じ

3.調理方法
・ ハンズオフ:強火で煮立ったら20分

4.感想・改良点議論
①カレーの粉ケララチキン
・ カレーリーフの香りが良くおいしい!
・ ココナッツミルクパウダーによるテクスチャーが良くおいしい!
・ マスタードシード、ブラックペッパー、クミン等を乾煎りしてからパウダーにしたい
・ より濃厚にするため、ココナッツミルクパウダーを80gに増やしたい
・ 甘味を足すため、パイナップルパウダーを3g追加したい

②カレーの粉ポークビンダルー
・ 梅干しの風味が効いていておいしい!
・ パウダーだけでもビンダルーの味になってビックリ!
・ 酸味を足すため、ルバーブパウダーを入れたい
・ よりフルーティーに仕上げるため、パイナップルパウダーを7gに増やしたい
・ スパイス感が弱いため、ビッグカルダモンやスターアニスを追加し、乾煎りしたい
・ 辛味を増したいため、グリーンチリを4gに追加
・ ワインパウダーはあまり風味がつかなかったので無くてもよい

③④カレーの粉チキンカレー(市販orオリジナル)
・ オリジナルの方が玉ねぎのまろやかさや甘さが引き立っておりおいしい!
・ やはり、市販よりオリジナルパウダーの方がおいしいため、①②についてもオリジナルパウダーを採用したい
・ 他レシピの変更はなし

画像5

5.今後の予定
・ 次回予定:7/9(金)
・ 7月中旬のキャンプのため、上記レシピに改良点を盛り込み、カレーの粉を準備する


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると600人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔