カレーの思い出 066: 特別な味

学生時代にペンションでバイトしていました。その時、近くにあったスキーインストラクターをしていたタイプの彼が毎日のようにランチに来てました。そこで初めて食べてもらったのがカレーで、すっごく喜んで食べてくれました♪ その後も2ヶ月以上顔を合わせているうちに仲良くなりました。その後、私は関西、彼は関東に帰りましたが、連絡をとりつづけました。その後、2年の友人関係を経て、今婚約中です(はーと)。カレーは今も2人にとって特別な味です。

→そりゃーーーーー、特別な味でしょーーーーーなーーーーー。カレーを通してそんないい話があるんですね。はーーーーー、うらやましーーーーー。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 262本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。